ホーム
  • 塾経営

塾の採点バイトを採用するには?在宅・リモートも可能?採用率や仕事内容、メリット・デメリットを紹介!

学習塾は講義の準備や保護者対応、生徒の進路相談など多くの業務を行わなければなりません

塾で行う業務の効率化を図るためには、採点バイトの採用がおすすめです。

採点バイトを採用することで、業務効率の向上やスタッフの工数削減など、多くのメリットがあります。

本記事では、採点バイトの仕事内容や採用するメリット・デメリットを紹介します。

また、採点バイトを採用・稼働させるまでの流れも解説するので、ぜひ参考にしてください。

塾の採点バイトとは?

blog_009-02 学習塾の採点バイトとは、小学生から大学受験生までが受けるテストや模試、または通信講座の回答を、指示に従って添削・採点する仕事です。

教育機関や塾では日々大量のテストが実施されるため、業務の負担を減らし効率的に採点を進める人材が求められています。

在宅で仕事ができるため学生や主婦などから人気があるバイトです。

ここでは、塾の採点バイトの詳細について下記の4つに分けて紹介します。

  • 採点バイトの仕事内容
  • 給与体系
  • 採用率
  • 勤務時間

採点バイトの採用を考えている経営者の方は参考にしてください。

採点バイトの仕事内容

採点バイトは、塾で行ったテストや模試の採点をマニュアルや解答に沿って添削してもらう仕事です。

塾で行うテストや模試の採点には多くの時間がかかり、業務の負担となります。

塾で採点バイトを雇うことで塾の負担を軽減することができ、スムーズな塾経営が可能となります。

採点が負担となっている塾は採点バイトの採用を検討することがおすすめです。

給与体系

採点バイトの給与は塾の規模によっても異なりますが、全国平均で時給1200円程度です。

繁忙期には多くのテストが行われるため、塾の経営者は数万〜数十万の給与を採点バイトに支払うことになるため注意が必要です。

採点バイトを雇う場合は、おおよその支払う人件費を考慮して採用を進めてください。

採用率

採点バイトの採用率は7割程度になります

採点バイトは在宅でもできる仕事であるため、主婦や学生など多くの応募者を集めることができます。

ただし、採点ミスが頻発すると塾の信頼にも影響を及ぼすため注意が必要です。

採点バイトを募集する場合は、応募要項に採点する教科に関する資格の所有や、採点バイトの経験の有無を記載してもらうと良いです。

勤務時間

採点バイトの勤務時間は、比較的自由に設定することができます

ただし、長時間の採点は採点ミスにもつながるため集中して採点ができるように1日あたり3〜4時間程度に設定するのがおすすめです。

また、採点者の生活を考慮した勤務時間に設定することで、より働きやすいバイト環境を整えることができ、長期にわたって勤務してもらえます。

例えば、大学生であればテスト前の勤務時間を減らす、主婦であれば夕方の勤務時間を減らすなど、工夫することが可能です。

採点バイトを採用するメリット

学習塾は日々様々な業務を行わなければなりません。

学習塾が採点バイトを採用することで以下の4つのメリットが得られます

  • メリット①:業務効率が上がる
  • メリット②:スタッフの工数を削減できる
  • メリット③:在宅でできるため多くの採点者を募れる
  • メリット④:スタッフが講義力の向上に時間を費やせる

以下で、各メリットの詳細を確認します。

メリット①:業務効率が上がる

日々多くのテストを実施する塾では、テストの採点が塾講師の大きな負担になることがあります

しかし、採点バイトを雇うことで講師は講義や授業準備などの業務に集中でき業務効率が上がります。

例えば、200人以上の生徒のテストを塾講師1人で採点するのは多くの時間が必要となりますが、採点バイトを雇うことで講師の採点時間を軽減することが可能です。

このように、採点バイトを雇うことで塾講師の業務効率が上がる点というメリットがあります。

メリット②:スタッフの工数を削減できる

採点者を確保することで、塾スタッフの工数を削減できます

塾はテストの採点以外にも様々な業務があるため、スタッフの工数が取られるとその他の業務が疎かになる可能性があります。

採点バイトに採点を任せることで、スタッフは他の業務に専念できるのです。

スタッフの工数を削減して様々な業務に集中できる環境を作ることで、スムーズな塾経営につながります。

メリット③:在宅でできるため多くの採点者を募れる

採点バイトは在宅でも可能なため、主婦や学生など多くの採点者を集めることができます

そのため、塾は採点者を集めるのに困りません。

また、採点バイトは在宅勤務が可能であるため、塾の周辺だけでなく広範囲で採点者を募れます。

塾にとっても求人に労力を費やさずに多くの採点者を募れる点がメリットと言えます。

メリット④:スタッフが講義力の向上に時間を費やせる

採点バイトを雇うことで、講師の業務負担を減らせます

そのため、講師は講義力の向上に時間を費やすことができます。

塾は講義により生徒の学力を伸ばすことが第一の目的です。 講師が講義の質を上げることに時間を使えることで、生徒に提供する教育の質が高まります。

採点バイトを雇うことで、塾全体のサービスレベルの向上につながります。

採点バイトを採用するデメリット

採点バイトの採用には様々なメリットがある一方で、一定のデメリットも存在します

ここでは、採点バイトを採用する際の2つのデメリットを紹介します。

  • デメリット①:人材管理コストがかかる
  • デメリット②:費用がかかる

以下で詳細を確認します。

デメリット①:人材管理コストがかかる

採点バイトを採用すると、採点者を管理するための人材管理コストが必要になります

採点の正確性は塾の評価に直結するため、誤った採点があればクレームにつながる恐れがあります。

そのため、採点者のための教育プログラムの構築や、定期的な評価・フィードバックなどが必要です。

特に採点者を採用し初めた段階ではマネジメントに多くの時間と労力がかかります。

採点者を採用する場合は、人材管理コストがかかることを理解しておく必要があります。

デメリット②:費用がかかる

採点バイトを採用するためには、費用が必要となる点もデメリットです

採点者に支払う人件費に加えて採点者を集めるための求人広告の費用も考慮する必要があります。

また、塾に訪れて採点をしてもらう場合は交通費や赤ペンなどの費用も負担しなければなりません。

そのため、塾内のスタッフで採点するか採点バイトを雇うか、費用面でどちらがメリットであるか検討をすることが重要です。

採点バイトに資格は必要?

採点業務は、基本的にマニュアルや解答に沿って添削を行うので、教員免許や特別な資格は必要ありません

ただし、採点ミスは塾全体の評価に直結するため採点者の専門性は必要です。

たとえば、英語の採点バイトの場合、英検などの資格を持っているとその教科の採点の信頼性が高まります。

そのため、採点バイトの採用に当たって特別な資格は必要ありませんが、教科に関連する資格を持つ採点者の採用がおすすめです。

採点バイトを採用・稼働させるまでのステップ

blog_009-03 採点バイトを採用することで、業務の効率化など様々なメリットが得られます。 採点バイトの採用を検討している塾経営者の方は以下の5つのステップを参考にしてください。

  1. 求人サイトに掲載する
  2. 応募者の面接を行う
  3. 応募者に採用有無の連絡を行う
  4. 採点方法等の業務内容を伝える
  5. シフトの管理等を行い、実際に業務に取り掛かってもらう

それぞれのステップについて具体的に説明します。

ステップ①:求人サイトに掲載する

採点者を集めるための最初のステップは、求人サイトへの掲載です

求人を出す際は採点の経験や勤務時間、報酬などの詳細を明記することで、適切な応募者を集められます。

また、TOEICや漢字検定のような、採点する教科に関する資格の保有を義務付けることで質の高い採点者を募集できます。

ステップ②:応募者の面接を行う

求人サイトからの応募者が集まったら、次は募集者の面接を行います

面接の際は、面接の客観性が担保できるように質問内容を統一しておく必要があります。

これにより、応募者ごとの能力を公平に評価することが可能です。

このステップを慎重に進めることで、採点業務に最適な人材を見極めることができます。

ステップ③:応募者に採用有無の連絡を行う

面接が終了したら、応募者に採用の有無を連絡します

採用・不採用に関わらず、丁寧な連絡を行うことが大切です。

ステップ④:採点方法等の業務内容を伝える

採用者が決まったら、採点方法等の業務内容を伝えます

採点方法で採点者によって乖離が起きないよう注意が必要です。

マニュアルを提供し、必要であればトレーニングを実施することで、品質の高い採点業務の実施が可能となります。

ステップ⑤:シフトの管理等を行い、実際に業務に取り掛かってもらう

採点者に業務内容を伝えたらシフトの管理等を行い、採点業務に取り掛かってもらいます

ここでのポイントは、シフトの管理だけでなく、採点バイトへのコミュニケーションやメンタルケアも重視してください。

特に、採用初期段階では採点者が分からないことも多いため、丁寧なマネジメントが求められます。

そのため、業務が円滑に進むように適切なサポートとマネジメントが必要となります。

業務効率化のために、採点バイトの採用がおすすめ!

採点バイトを雇うことで、業務の効率化やスタッフの工数削減、スムーズな塾経営などメリットが豊富です

講師の負担を削減できるため、塾の講義に費やす時間を確保でき授業力の向上にもつながります。

採点バイトの採用の際は、人材管理コストや費用面でのデメリットもあるため、塾の経営状況を考えて採用を検討してください。

また、塾のさらなる業務の効率化を図りたい場合は、manaboの導入がおすすめです

manaboとは、教育の現場に革新をもたらすスポット指導アプリです。

このアプリを導入することで生徒の質問に対して24時間365日、幅広い科目と高いレベルでの対応が可能となります。

厳選された講師陣と多様な指導形式が、生徒の「わからない」を「わかった」に変えるため、教育の質の向上にもつながります。

業務効率化・教育の質の向上を図りたい塾の経営者の方はmanaboの公式サイトで詳細をご確認ください。

manabo

24時間365日幅広い科目・レベルの質問対応が可能に。

manaboは、わからない問題をすぐに質問して疑問を解決することができる、塾・学校向けの質問アプリです。 日本全国で待機している優秀な講師陣が指導を担当。 24時間365日、すべての教科・科目の質問に対応できる体制を構築できます。

シェアする

XでシェアFacebookでシェア